Greenmistの存在価値

久々の更新となってしまいました。

最近、隣の区の企業様から声をかけていただき、
うんうんと唸って、ホームページの構想を練っております。
GW頃にはオープンしていると思います。

うちは、横浜に本拠地を持っていますが、
なかなか横浜のお客様と出会えず、
この点においては正直、苦戦しておりました。
東京はもちろんですが、大阪や愛知から声をかけてくださるのに
横浜からはなかった。

本当に横浜で…と考えるなら
これはもう港町横浜のイメージやコピーを
ふんだんに使って、
「横浜のことは横浜で!!!」と思いっきり舵を切るべきなのですが
東京や大阪の仕事も…と考えてしまうわけで。
そこが、経営も同時進行している難しさだと思います。
ある種、お客様と同じ悩みを持っております。
ですから、日頃、お客様に「コンテンツ特化しなければ勝てない!」と言っている自分が
本当に恥ずかしい限り。

今回のお客様から選んでいただいた理由ですが
・横浜にあること
・中小企業の伴走者としての姿勢
をご評価いただいたようです。

横浜のことは上に書いたとおりですが、
「中小企業の伴走者」というのは、相当に入れ込んでいます。
お客様の多くが、法人格を取得して企業になり、数年たって
事業を軌道に乗せていく段階です。

もっと会社らしくしたい、と。

そんな時は私たちGreenmistを思い出していただければ幸いです。
ホームページ作成やパンフレット制作はもちろんですが、
そういうものをつくる段階で
「会社のブランディング」という問題が出てきます。
方向性を決め、
コーポレートIDを定め、
さまざまなツールにそれを展開させ
社会に存在を示していく活動もサポートさせていただいています。

また、最近はシステム会社様が多いからかもしれませんが、
とにかく採用をしたい、というお客様も多いです。

採用は、大手求人雑誌や求人サイトの制作に
本隊付きで関わってきたので
普通の制作会社よりも知識も技術もあると自負しております。

中小企業を成長させている社長さまが、次のステージを目指す時、
ずっと関わり続け、真剣に悩み、笑うと肚を決めている
私のような伴走者がいてもいいと思います。

もっと、いろんな人たちと関わり、
日本の活力になりたいと日々考えています。


Share on Facebook
LINEで送る

カテゴリー: Greenmistの活動 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">